misc.log

日常茶飯事とお仕事と

Windows7のライセンス認証がエラー 0x80072f8fで失敗する

経緯

なんで今頃Windows7……と思われるかもしれませんが、仕事で古い環境を用意する必要があったので、インストールしてライセンス認証しただけの状態でとってあったVMware用仮想PCを引っ張り出して久々に起動しました。すると……「エラー: 0x80072f8f」でライセンス認証に失敗とのメッセージ。オンラインで認証してもダメ。もしかして?と思って改めて別のプロダクトキーを入れて見ても駄目。

どうやらこのエラーは、PCの時計設定が狂っている場合、たとえば古いPCで本体の電池が切れてしまっており、時刻が2004年とかになっている、といった場合に起きるそうですが、時刻は問題無し。あらためて時刻同期をしてみても同じ。

解決法みつかる

で、四苦八苦した結果、エラーコードで検索して下記のサイトにたどり着きました。ありがとうございます。こちら、時刻の問題以外にもう1つの問題について言及されています。

kje52khcd.blog59.fc2.com

それは、Windows Update Agentの更新です。おそらくですが、数年前にインストールして初期のライセンス認証だけを行った状態で放置されていたWindows7ですので、いろんなコンポーネントが古いままです。一方で、マイクロソフト側はライセンス認証サーバーも含めて新しくなっている。そこに「古いコンポーネントで処理依頼が来た」→「エラー」というオチなのかな……と推測。

とりあえず書いてある手順でWindows Update Agentを手作業インストールしてみたところ、問題無くライセンス認証が通りました。助かった!

手順は下記の通りです(2020年5月時点)。

  1. https://support.microsoft.com/ja-jp/help/949104/how-to-update-the-windows-update-agent-to-the-latest-version」を開く。
  2. Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のスタンドアロン パッケージ」から「サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 SP1 (x64 ベース)」にある「パッケージ」リンクをクリックする(32bit版の場合はx86ベースのリンクをクリックします)。
  3. ダウンロードされたファイルをインストールする。

本来、Windows Upateで自動的に更新されるべきものですが、Windows Update自体、ライセンス認証が済まないと動かせません。というわけでここは手作業でダウンロードしてインストールする必要があるわけですね。危うく挫折するところでした。よかった。

補足:SP1でなくてもWindows Update Agentを入れられた

別の環境でも同じ事がおきました。こちらはWindows 7 Ultimate Edition(SPなし)。Windows Update Agentのダウンロードサイトには「Windows 7 SP1用」とあるのですが、ダメ元でダウンロードしてインストーラーを動かして見たところ、とりあえずエラーは起きずにインストールできました。参考まで。

新人研修とVisual Studio

新人研修はどうやら6月いっぱいも在宅のまま進められることになりそうなので、残念ながら対面でのプログラミング研修はお預け。オンラインで、とも言われたのですが、全くの初心者相手、たとえばVisual Studioのような開発ツールの使い方も全く知らない人を数名相手にZoomで「落ちこぼれを出さずに無難に終わらせる」ことは不可能と思ったので、オンライン講義は断りました。1年近くやったあとで「プラスアルファを学ぼう」なら出来ると思うんですけどね。それと単に私がオンラインで教える技術やノウハウを持っておらず、その練習台に新人を使うのはどうかと思ったというのもあります(この点については上司から非難されましたが、新人数名を落ちこぼれさせたり劣等感を持たせることになっても良い、という責任を取ってくれる発言も何もなかったのではねつけました)。

で、既にVBAについてはExcelの教本を与えて少し齧ってもらっているのですが、C#をやるにあたってはVisual Studioが必要になります。どうするか。会社のライセンスも有るとおもうのですが、この在宅勤務の間、持ち帰ってもらったPCを持って会社に集まるのは本末転倒。となると、Community Editionが使えるか、ということになります。

で、調べてみました。実は昨年も調べてました。

www.backyrd.net

一応、念のため改めて最新の情報もあたってみました。

visualstudio.microsoft.com


Communityは、収益が1億円を超える組織だと「エンタープライズ」扱いになり、商用利用となるのでライセンス上利用できません。しかし……

お客様のユーザーは、人数に制限なく、本ソフトウェアを使用して、オンラインまたは対面の教室によるトレーニングおよび教育の一環として、または学術研究を実施するために、お客様のアプリケーションを開発およびテストすることができます。

この一文があります。すなわち、教育目的であれば利用できる、と。また、在宅での自習なので、ある意味「個人利用」の範囲とも言えると思います。ということは、とりあえず新人研修用のPC、在宅の期間はCommunity Editionを使って学んでもらうこと自体には問題なさそうですね。

使おうと思ってる本はこれ。

確かな力が身につくC#「超」入門

確かな力が身につくC#「超」入門

文法だなんだの説明よりも、ゲームっぽいモノを作ってみよう、という流れで入っていくのが自分の好みなので。ただ、新人達がそういうのに食いついてくれるかどうかは……わかんないですけどね。

あと、上記の本はVisual Studio 2017を使っているのでCommunity Edition 2017をダウンロードしたいのですが、そのためにはMicrosoftVisual Studio Dev Essentialsに登録して古いバージョンをダウンロードしないといけないようです。この辺りの手順もつくらないとな……

visualstudio.microsoft.com

新人の日次報告へのコメント

毎日新人が挙げてくる日報にコメントを付ける作業をやっているのですが、自分と自分以外の人事系担当者で内容の濃さが全然違っており、なんだか自分のやっていることが他のメンバーにとって迷惑なんじゃないかとすら思うようになってきました(自分ががっつり書くことで、他の人事系メンバーの負担をふやしているのではないかと……)。

ただ、新人と接する時間が研修の期間しか無い以上、持っている知識やノウハウをなるべく伝えたいという思いでやっているのですが……なんでしょうね。他の人たち。「~は良いと思います。私もためしてみたいです」みたいなコメントや「~さんの~という気持ちは大事だと思います。その調子でがんばってください。」みたいな。こんな感じの感想文みたいなコメントであれば書かなくても良いと思うのですが……。一応、教え、指導して、導くという立場で仕事としてやってるのだから、すべておいて「学びのきっかけ」をちりばめるくらいの努力はしてもいいとおもうのだけど。

自分が書いてるコメントをいくつか掲載しておきます。

> 調べながら理解して進めていたら、気が付くと、
> かなり時間を使ってしまっていて


ある意味狙い通りですね。


実際の仕事でもそうですが、プログラム作成にしても設計などにしても、ある程度まとまった時間、周囲の音が聞こえなくなるくらい没頭しながらやる人は結構います。それくらい集中していたということですので、それで大事な予定などをすっぽかしたりしないのであれば問題無いと思いますよ。


もう少しいろいろやって仕事も進めていくと判ると思いますが、何かの作業を切り替えると、その前後数分から十数分くらいは「頭を切り替えたり、作業環境を整えたり、忘れていたことを思い出したり」でどうしても作業が進まない時間が発生します。なので、なるべく作業の切り替えが発生しないよう、まとまった時間の塊を確保できるような予定の組み方や、作業順序の組み立てなどを工夫するようになります。


作業の順番や組み方の違いだけで、1日7.5時間あっても実質7割~8割しか実働していないという状況が簡単に発生するので、今の研修や自習の時間は、内容を学ぶだけではなく、何かに取り組むときの「作業の進め方」なども模索したり失敗したりいろいろ体験してください。

アマゾンのすごいルール

アマゾンのすごいルール

> 基本情報の参考書は順調とまではいきませんが、自分のペースで進めていきます。


とりあえず読破の目標として5月、を掲げましたが、内容の理解や「試験に受かるレベルまでの学習」が1ヶ月で終わることはありません(現実問題として、無理です)。なので、まずはうっすらと読み、自分が興味のある分野や、どうも苦手そうな分野をある程度見極める。その辺りを具体的な目標とするとよいかもしれません。


また、興味がある分野や苦手分野も、現時点でそうおもっているものが、数ヶ月~数年たつと意外に変わってきたりするものです。その変化も楽しんでもらえるとよいかな、と思っています。
気分転換しながら読み進めてみてください。

> 私は個人的には言葉での発表を苦手と感じており、
> 緊張からつい早口になってしまうので、
> 今後もゆっくりの口調を意識していきたいと思いました。


まだまだ先は長いので焦らずにやっていきましょう。


早口になる原因、確かに個人の性格や特性による口調、スピードの問題もありますが、発表する内容の「主旨」を自分自身がきちんと把握して理解しているか、というところが緩いと、ちょっとした想定外の自体やその場の雰囲気などの影響で混乱し、慌ててしまって口調どころでは無くなることがあります。


プレゼン資料はあくまで自分の考えや意見の一側面。最悪、プレゼン資料が使えなくてもその場で「思っていることを口に出す」だけで補えるくらいまで自分の意見と資料を一致させておけば、慌てることも減り、落ち着いて話せるようになったりしますよ。


あくまで資料の元ネタは自分の頭の中にあるので、仮に想定しない事態がおきてもその場で言葉と文章を組み立てて、違う形で思いを表現すればいいだけなので。それが出来ない、難しいということが自分で判っている場合、失敗を恐れてガチガチになり、口調は早く、表情や雰囲気も固まったものになり、上手く発表できなくなります。


もちろん仕事ですので、思っても無いことを発表しないといけない場面もありますけどね。ただ、機会があるならやはり自分の意見をストレートに伝える場をいくつも経験し、「いざとなったらなんとかなるもんだなぁ」という経験から自信をつける。まずはそれを地道に積み重ねておくと、いろんな応用ができるようになります。


ま、あくまでやりかたの1つとして参考になれば。

プレゼン資料のデザイン図鑑

プレゼン資料のデザイン図鑑

  • 作者:前田 鎌利
  • 発売日: 2019/03/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)