misc.log

日常茶飯事とお仕事と

64bit環境に32bit用Oracle Client(11g用)を入れた時のメモ

業務でOracle Clientを入れろとの指示があってファイルまで指定されたのですが、64bit Windows 10に対して、渡されたのが32bit版のOracle Clientだったことによるアレコレのメモです。

インストール

Oracle Clientのインストール自体は特に問題ありませんでした。ホームディレクトリーをシステム要件に合わせて作ってそこに入れるようになっていたので、そこさえ競合しなればおそらく64bit版や他バージョンのClientとも共存出来ると思います。

SQL Developer

渡されたOracle ClientにはSQL Developerも附属しており、導入手順書ではそれを利用するように記載されていたのですが、Java.exeを指定する時点で「Enter the full pathname for java.exe」のダイアログから先に進めず断念。この時点で「渡されたものが32bit」であることに気づいておらず、以下の手順を踏んでしまいました。

  • Oracle ClientのフォルダーにあるJava.exeを指定しろとの手順だったのですが、指定してもダイアログが繰り返し表示される。
  • 仕方ないのでJDKをダウンロードして入れる(まさか32bit版のSQL Developerだと思わなかったので、64bit版のJDKをダウンロードして入れる)。
  • Java.exeのフォルダーを指定しても、存在しない旨のメッセージが出て先に進めない。

ここで、Oracle ClientのファイルにWin32って書いてあることに気づき、SQL Developerは別途64bitのものをダウンロードして単体で導入しました。

まとめ

まだ引き継ぎ中の業務でどんな制約があるのかも聞かされていないため判りませんが、Oracle Client自体はもしかしたら32bit版でないと動かないものがあるかもしれないのでそのまま。ただSQL Developerは開発やテスト、導入や調査目的で基本的にツールとしてクライアント上で動けば問題ないとおもうので、64bit版を導入。
1つ判ったことは「引き継ぎ元の関係者はこの32bit、64bitというアーキテクチャの違いに無頓着」ということ……。

Visual Studio Codeでユーザー設定に書き込めない

現象

年明けにPCの再セットアップをして、4TBのSSDという豪華編成にしたものの……なぜかVisual Studio Codeで「今後表示しない」といった動作に関する指定を行った際に、下記のようなエラーが出るようになってしまいました。

ユーザー設定に書き込めません。ユーザー設定を開いて、ファイル内のエラー/警告を修正してからもう一度お試しください。

f:id:frontline:20210503004634p:plain
ユーザー設定を保存できないエラー

原因: 設定記述ミス

まぁVisual Studio Code自体が設定ファイルの不備を指摘してくれていたのですが、自分は全く問題が何であるか分かりませんでした。設定を開く、とすると、Windowsのユーザーフォルダー下にあるsettings.jsonファイルが開き、下記のような表示になりました。

f:id:frontline:20210503004950p:plain
エラーがあると言われるsettings.jsonファイル

OSを入れ替えてから一部のアプリはEドライブに格納しており、gitもそこにありました。なのでgit.exeのパスをここで指定していたのですが……波線が出てエラーだと言われています。

これですが、結論は「パス指定の区切りを円記号(バックスラッシュ)にしていたのがダメ」でした。区切りをスラッシュに変えて下記のようにすることでエラーが消え、各種設定の保存も問題無く行えるようになりました。

バックスラッシュのうしろが赤とかになっているのは、バックスラッシュ+文字でエスケープシーケンスとして解釈されてしまっていたようですね。

f:id:frontline:20210503005548p:plain
区切りをスラッシュに変えたgit.path設定

……あぁ、ちょっと情けない。

というわけで同じような失敗をしている方の参考になれば幸いです。

録画データの音声が消える問題対応(TMPGEnc Video Mastering Works)

NHKの録画データがたまに音声無しになってしまう問題があり、対応方法を模索していたのですがやっと見つけました。特に、直前がニュースである番組は音声が消えがちです。

音声ストリームを変更する

私が使っているのは古いTMPGEnc Video Mastering Works 5です。最新版だと設定項目等も違っていると思うので、そこは適宜読み替えてください。

まず、動画編集画面の「クリップの設定」から、下段の「音声」欄にある参照ボタンの右を押すとメニューが出てきます。そこから「音声ストリームを変更」を選択します。

f:id:frontline:20210502215039p:plain
音声ストリームを変更する

これを別の選択肢に切り替えてみてください。

f:id:frontline:20210502215243p:plain
音声ストリーム選択

カット編集モードで再生してみて音声が聞こえたら成功です。

なぜ気づいたか

音声が入っていない動画をVLCプレイヤーで見た際に、まさか?と思って「オーディオ」→「オーディオトラック」→「トラック2」に変えてみたら音声が聞こえたのがキッカケです。これは「音声が入っていない」のではなくおもてに出てるチャンネルじゃないからツールが再生していないだけだな、と思って設定を探しました。

TMPGEnc Video Mastering Works 7|ダウンロード版

TMPGEnc Video Mastering Works 7|ダウンロード版

  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: Software Download