misc.log

日常茶飯事とお仕事と

TestLinkのセッションがタイムアウトで切れる

TestLinkでテストケースを見ながら時間をかけてテストしていると、いざ結果を入れて……と思ったらタイムアウト、そこまでの入力内容が全部消えるという事象が起きているようで、セッションタイムアウトの時間を変更できないか調べました。まだやってませんがとりあえずメモ。

セッションタイムアウト時間の設定

GitHubにある最新版(1.9)のInstallation & Configuration Manualによると

5.12.3. Time-out limit
Set the session time-out for inactivity (in minutes). Default value of this internal limit is 60 minutes. 
Time-out is limited by both php.ini and this parameter. Lower value is applied! 
Some administrators could shorten the session time specifically for TestLink 
for security reason (without affect other applications).

$tlCfg->sessionInactivityTimeout = 60;

github.com

  • タイムアウトは設定項目の「Time-out limit」とPHPの設定ファイル「php.ini」の両方に設定されている。
  • 設定の初期値は60分。
  • 2つの設定のうち、短い方が採用される。

とのこと。なので、60分より伸ばすならば先にphp.iniの方を変更し、画面からの設定もそれに合わせて変更しておけば良さそうですね。

はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法

はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法

【この1冊でよくわかる】ソフトウェアテストの教科書―品質を決定づけるテスト工程の基本と実践

【この1冊でよくわかる】ソフトウェアテストの教科書―品質を決定づけるテスト工程の基本と実践

APEX Legends バトルパス(Battle Pass)購入手順と購入後のマッチリザルト

ついにAPEX Legends(エイペックス レジェンズ)でもバトルパスという期間限定有料モードが始まりました。フォートナイトとかであったものと同じで、1,000円前後でチケットを買うと、1ヶ月~2ヶ月程度のシーズン期間中、特別なミッションが課せられ、クリアするとアイテムが手にはいったりします。

まぁそれなりに遊んでいたので買ってみるか、ということで購入。ただ、正直「で、どこから買うの???」となってしまったので自分用メモもかねて書いておきますね。

先にAPEXコインを買う

バトルパスはゲーム内通貨「APEXコイン」で購入します。費用は950ポイント。このコインを先にゲーム内ショップで買う必要があります。これはメニューの「ショップ」から購入可能。大量に買うとボーナスポイントが付きますが、とりあえず今回は1,000ポイント購入(バトルパスは950ポイントですが、コインの購入は1,000からなのです。このあたり、価格設定が上手ですよね)。購入を指定するとクレジットカード購入画面が出てくるので、カード番号、名義などを入力します。

f:id:frontline:20190321161903j:plain
APEXコイン購入(1,000ポイント)

費用は日本円で1,255円でした。

バトルパスをゲーム内ショップで買う

次はバトルパス。画面上部のメニューで「バトルパス」を指定すると表示される画面から「プレミアムバトルパスを購入」を選んでください。ここがややこしいところ。バトルパスには最初からボーナスがついた2,800ポイントのプレミアムバトルパスもあるのですが、今回買いたいのは普通のバトルパス。でも、とりあえず「プレミアムバトルパスを購入」ボタンを押します。

f:id:frontline:20190321161955j:plain
バトルパス画面から「プレミアムバトルパスを購入」を選択

そうするとこのような画面が。右がわ上下に「普通のバトルパス」「プレミアムバトルパス」が表示されていますので、買いたいものを押してください。今回はそもそもAPEXコインを1,000しか買っていないので上の「バトルパス(普通の)」です。

f:id:frontline:20190321162015j:plain
購入するバトルパスを選ぶ

これで完了です。バトルパスは普通のレベルとは別にバトルパスレベルが設定されていて、それが上がるたびにバナーやスキンが追加される仕組みです。購入と同時にレベル1になるので、レベル1のアイテムがゲットされました、という画面が表示されます。

f:id:frontline:20190321162051j:plain
バトルパス レベル1のアイテムゲット

このあとは普通に遊べばOKです。特にバトルパスならではのモードがあるわけではありません。バトルパスを買った人も買っていない人もごちゃ混ぜでバトルになります。

バトルパス購入後のマッチリザルトと経験値

バトルパスを購入すると普通の経験ポイントに加えてバトルパスのポイント(バトルパスポイント)も上がります。結果表示画面の右側に表示されるので注目してください。

f:id:frontline:20190321162132j:plain
バトルパス購入後のマッチリザルト(Match Result)

右のオレンジ色表示の内訳は下記のようになっているようです。

  • 総合獲得マッチXP …… 通常の経験ポイントと同値。
  • フレンドとプレイ …… フレンドとプレイするとボーナスが付くようですがフレンドいないのでわかりません(笑)
  • デイリー初回キル …… その日に各レジェンド1回だけ500ポイントが初回キル時に付きます。1回付くと、このポイントはその日はつきません。
  • レジェンドボーナス …… 1日あたり25,000ポイントまで、XP内訳の「生存時間」に相当するポイントがボーナスで付くようです。

こんな感じで、なるべくいろんなキャラクターを使うとポイントがお得になるようになっています。

2018年公開のセキュリティ情報まとめ、参考になる

こういうまとめ、意外にないので重宝します。ありがとうございます。

security.nekotricolor.com

社内に共有するかどうかちょっと悩ましいところ。あんまりこれ以上出すと仕事が増える&自分たちのいろんな作業への制約が増えそうで。システム開発会社がWebアクセス規制とか始めたらもう完全に「終わりの始まり」だからねぇ(少しそういう話が出始めている)。