misc.log

日常茶飯事とお仕事と

GeForce9800GTX Leadtek Limited到着、装着

到着しました。佐川急便で注文の翌日到着。
早速FutureMarkの3DMark06を走らせてみます。

基本環境
Operating System Windows XP Home日本語版
System Type 32bit
Motherboard ASUSTeK P5K SE
Memory PC2-6400 4GB
Processor Intel Core2Quad 6600
Processor Clock 2,400MHz
FSB 266MHz x4

項目 GeForce8800GTS 640MB GeForce9800GTX+
Graphics Memory 640MB 512MB
Core Clock 513MHz 738MHz
Memory Clock 792MHz 1,100MHz
Memory I/F 320bit 256bit
Driver Version 6.14.11.8208 6.14.11.8208
Resolution 1280x1024 1280x1024
Full Screen Anti-Aliasing None None
Texture Filtering Optimal Optimal
Vertex Shader Profile 3_0 3_0
Pixel Shader Profile 3_0 3_0
3DMark Score 9,702 11,660
SM 2.0 Score 3,788 4,396
SM 3.0 Score 3,987 5,288
CPU Score 3,842 3,860
Graphics Tests
1-Return to Proxycon 32.25FPS 36.39FPS
2-Firefly Forest 30.89FPS 36.88FPS
CPU Tests
CPU1-Red Valley 1.26FPS 1.27FPS
CPU2-Red Valley 1.87FPS 1.87FPS
HDR Tests
1-Canyon Flight(SM3.0) 35.6FPS 59.52FPS
2-Deep Freeze(SM3.0) 44.14FPS 46.24FPS


劇的なアップではありませんが、若干のパフォーマンス向上はありますね。まぁ目的はHDCP対応したビデオカード入手だったので、下がっていなければ問題ありません。で、気になっていた補助電源も、下の写真の通り、1個で済むようになっています。また、通常のHDDなどに使える電源コネクタ2個から、この補助電源用のコネクタに変換するケーブルも付いていたので、ちょっと古い電源(ただし出力は十分必要)でも利用できそうですね。



なお、このビデオカードが持っているGPUを画像処理に利用するCUDAの効果については、http://d.hatena.ne.jp/frontline/20090308/p2 で軽く触れています。結論から言うと、30分アニメのエンコード時間を25パーセントほどカットできました(設定等によりますが)。